Brown Rice Family (from NewYork)

Brown Rice Family

ニューヨーク、ブルックリンを拠点に活動を続ける“Brown Rice Family” はハイチ、ジャマイカ、日本、南アフリカ、ナイジェリア、アメリカ合衆国出身のメンバーで構成される多国籍バンドだ。
一期一会なジャム遊びから生まれるメンバーの個性が凝縮されたカラフルなサウンドは、レゲエ、スカ、ダンスホール、ラテン、ヒップホップなどの文化にルーツを持つ音楽の要素を織りなし、ジャンルの枠にはまらないまさに “World Roots Music” である。
Brown Rice Family (Brown Rice=玄米)というユニークなバンド名の由来は、ジャマイカのラスタ生活に欠かせないアイタルフード(=生きた食べ物)への共鳴からきている。
玄米は白米と違い生きた米であり、そんな玄米のように “身体が自然と欲する生き生きととしたサウンド” を世に送りだすバンドでありたいという思いが込められている。
ツインボーカルのテクニカルで力強い言葉遊びと、叙情的でレゲエ独特のゆるいリズムに乗せた歌詞は、ヘルシーなライフスタイル、世界の平和、グローバルな連帯化という強いメッセージを発信し、そしてメンバーそれぞれが強烈な個性を放つステージパフォーマンスは観る者すべてを虜にしてやまない。
着実な成長を遂げている彼らは、2012年ニューヨークの人気ラジオ局WNYCが主催するバンドコンテスト“The Battle of the Boroughs”で移民の街ブルックリンのファンから絶大な支持をえて区の代表となり、見事NYC5区全てを統合したファイナルでニューヨーク最高のバンドの栄光を得た。
2014年から3年連続の日本ツアーを経て、彼らのライブを観れば老若男女だれもが自然を踊り出し笑顔になる、その定説が世界共通であることを証明した。
2015年春から始まったカーネーギーホールとのコラボレーションプロジェクトでは、音楽というアプローチから少年院の若者達に更生を促し、明るい未来へ導いていく、まさに未来の地球/子供達へのメッセージを詠うBRFに打ってつけの役を担っている。
Blue Note, Brooklyn Bowl, Brooklyn Museumなどのステージでのパフォーマンスはもちろんのこと、アメリカツアーにおけるフェスティバルなどの大舞台でも喝采を受け続ている。
1st Album ”Brown Rice Radio Station”の陽気なチューンと、キューバとジャマイカの音楽をブレンドしたサウンドの波に、力強いメッセージを乗せた2nd Album”Havana to Kingston”を引っさげ、邁進し続けるBrown Rice Family。
彼らが放つ“World Roots Music”に世界中が踊りだす日も近いだろう。

2年連続のWINDBLOW!
今年はオリジナルのツインボーカルで出演です!
未発表の新曲もお披露目予定。
NYブルックリン発のワールドルーツミュージックで踊って下さい。
ORGANIC LOVE FROM BROOKLYN!

【ライブ映像のハイライト】

【2016年大阪ライブ feat. Shingo 西成】

【PV】
Latin Goes Ska

PAGETOP
Copyright © WINDBLOW'17. All Rights Reserved.